ショッピングとキャッシングの過払い



キャッシングの過払いですが、債務残高の推移にもよりますが10年以上の取引があればその位の過払いは生じている可能性はあります。ショッピングの手数料(利息ではありません)の上限は出資法上限金利(29.2%)に準拠していますが、殆どは10%前後だと思います。正確には引きなおしてみないとはっきりわかりませんが。

つまり、利息制限法の18%にも満たないです。ただし、専門家の費用は掛かるし信用情報に傷が付いても良いのならですが。可能性としてキャッシングをゼロ、過払いの30万円をショッピングに充当することはできるかもしれません。

ショッピングは金銭を目的とする貸借ではありませんので出資法や利息制限法に規制される性格のものではありません。ですが、仮に70万円の過払いが発生していたとしても、ショッピングとの相殺は無理でしょう。

少しでも整理したいなら、専門家にご相談ください。理由としてはキャッシングの債務残高があることと、それらの交渉を個人で行っても、まず相手にしてくれません(可能な業者もあるが、セ○ンは無理)

キャッシング相談・質問サイト TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。