金利の安い消費者金融



金融業者は届出をしないと営業できないことはご存知ですよね?東京都知事(○)第○○○○○号や、関東財務局長(○)第○○○○○号がそれにあたりますが、括弧の中の数字はその届出の更新を何回行ったかを表します。登録の有効期限は3年であり、(1)になっている業者はまだ1回目の更新すら来ていない新しい業者ということになります。まず、消費者金融は、「利息が安かったら成り立ちません」なぜなら、金融機関利用レベルからみて、他で借入をおこせない、またはそれに類する事情のある方たちが対象顧客である為、貸したお金が100%返してもらえる前提に立つことは不可能なのです。

東京都知事登録業者で(1)は「都(1)(←本当は○に1の字)」と呼ばれ、違法なヤミ金業者等が多数存在している様です。基本的には、そういった業者はヤミ金融の類であることが多いです。なお、チラシや広告にはこの表記をすることが義務付けられています。

ここまでこの「闇金」や、「無登録業者」「不当広告」が社会問題として取り上げられている昨今、こんな甘言に惑わされてはいけません。うまい話は「ない」のですから、絶対申し込みなどされないことを強くお勧めします。長年営業している業者ならば何度も更新しているので(○)の数字が大きいはずです。

信用度のチェックをするときには以下の方法が使えるかと思います。延滞あり、逃亡有り、破産有り、貸倒れ有り、そのリスクを調整し、利益を生ずる為には高金利となるのは至極当然のことです。

キャッシング相談・質問サイト TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。