住宅ローンの事前審査と本審査の違い



異なる部分があるとか追加検討する部分があれば、その部分については判断が異なることがあります。基本的には一緒だと思います。というのも、審査に関係する属性の情報というものは時間が経つと信頼性が低くなるからです。

ですから事前審査と本審査で異なる内容が無ければ無事本審査承認と言う形になると思います。なので契約が近い場合には事前審査は省略されます。ですから事前審査と本審査全く同じなら問題は無いと思います。

事前審査で通過し本審査で落とされたり減額されると言うのは事前審査後に新たにローンを申し込んだりすると事前審査の時に信用情報機関で新たなローンの記録が載ることとなり事前審査と本審査で異なる内容となりはじかれるのです。事前審査は何時でも出来ますが、本審査は受けたら速やかに金銭消費貸借契約を締結して融資を実行します。はっきり言うと事前審査と本審査の違いは審査時期の違いです。

ただ本審査承認後から融資実行までの期間が長い場合などは銀行によっては融資実行前にもう一度信用情報を見るところもあるようなので融資が実行されるまはカードの使用等は控えた方が言いと聞きました。事前審査を受けて本審査の場合には、事前審査と本審査での属性などの内容に相違がなければ同じ結果となります。

キャッシング相談・質問サイト TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。