権利証を紛失・・・保証書制度



従来は抵当権設定等は保証書にて即日登記実行及び事後通知という制度がありましたが、現行法ではすべて事前確認制度となっています。有資格者の本人確認の詳細については司法書士に直接ご確認下さい。

なお、司法書士本人も司法書士会から発行される職印証明の取得が必要となりますので、早めに相談されることをお勧めします。ところで、司法書士という登記を業とする資格者が本人確認を行い、その本人確認情報を登記申請書に添付して申請した場合であって、登記官がその本人確認情報を認めた場合には事前確認を行わないとする制度が設けられています。

今回の改正では「本人確認」を重視するものとなっています。

運転免許証・パスポート・写真入りの住基カード等の書面等に基づいて有資格者が本人確認を行うこととなりますので、業者から司法書士を紹介してもらい、直接尋ねるようにした方がいいでしょう。

キャッシング相談・質問サイト TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。