消費者金融のメリットデメリット



銀行などは、審査を重ねて(本当は)借りなくてもいい顧客に融資します。これが大きなメリットじゃないでしょうか。大抵、即日その場で数十分で融資です。

ですから、本当に今困っているときは貸してくれません。ですから、焦げ付く確率も高いです。この辺が評価が低くなるのでしょう。

銀行が貸し付けるよりもかなり高いリスクを背負って、その場で融資しています。消費者金融は、「今困っている!」時に生活状況や次に訪れる給料日、額などを勘案し、その場で審査します。定期預金があったり、土地家屋があったりする顧客。

ですから金利も高いですし、そういった顧客は他の消費者金融にも手を出している場合が多いので、他社よりも早く回収しないと回収出来なくなりますから延滞したときの取り立ても激しいです。「今お金が欲しい!」と思っても、申し込んでから数日間の審査があります。

キャッシング相談・質問サイト TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。