中古マンションを購入したい



今までの「お金(融資)」に対する考え方みたいなものを審査されます。最近では「うつ病」で通院中の市役所職員の方でもアウトで融資がおりませんでした。ご主人様の包容力の問題ですが、お互いの幸せのために熟慮・検討なさってくださいね。)(二つ目のハードルです)次にその購入物件であるマンションの担保価値(中古物件流通市場で取引されている価格や固定資産評価額や路線価格をもとに融資機関が独自で判断する為、融資機関(特に「保証会社」・・例えば「銀行」はお金を出す会社ですが、「保証会社」は、その銀行が出したお金を取引後の事故により銀行に対して、負担を負う保証を行う会社の審査)によって判断は異なりますが)をどう見るか?です。最後に、今回のご心配内容にもありますように借り入れ希望者の「人」に関する審査ですね。)次にご主人様の健康状態(命に関わる病気で通院していたり経過観察となって過去に治療したことがあるなど)を申告し「団体信用生命保険」に加入できるかどうか?融資機関の提携する保険会社に審査をされます。4つ目のハードルです。

(脳や心臓に関わる病気「脳梗塞など」はまず駄目です。)なお、奥様にも同じような借金があるとの事ですが、これはご主人様の調査でコンピュータに反映する可能性が極めて少ないので、融資機関から「いったい?これは何ですか?」と聞かれるまで黙っておいた方が無難です。(ひとつのハードルと考えてください。通常の取引状態であれば問題ありませんが、中古物件流通市場全体が停滞傾向(売れない)に有る場合、融資する会社も物件価格(1450万)が妥当性があるか?また今までの取引価格に比べて適正価格であるのか?など融資をした会社が「将来の返済事故時に資金回収できる価値があるか?」審査をします。特に、「金利」が高い消費者金融などや、「支払い回数が少ない」カードでのローンは特に厳しくチェックされますので、ローンの融資「承諾条件」にこれらの「ローンの返済証明(完済通知書)を添付して欲しい」などを金融機関のローン実行(融資)条件となる場合が多々発生します。)もし、今まで取引(返済)状況に不安がある(延滞が多く「お金に関してルーズ」(ダラシナイ)な性格や経済環境である「人」には融資機関は敬遠します。(簡単に言えば、先日キャッシングカードで電化製品を買った記録までも、ご主人様の生年月日から確認できるのです。

それから、お金をどういう目的?で何処から幾らを何回払いで借り入れ、現在の返済が年収と比較してどれだけ負担をしているか(返済率の問題・・要は、払える能力があるかないか?今回の住宅ローンと併せて貸しても、この年収で払える「余力」があるのか無いのか)審査されます。3つ目のハードルです。)特に「延滞事故」が3ヶ月未納が継続した場合などは、まず、ブラックリストの可能性大です。あえて公表するとご主人様との夫婦生活にも支障が生じるリスクもあります。判断基準は、ローンの返済や税金の納付など過去に延滞があるか?提携の調査会社のコンピュータから情報を入手します。(それはあなたが友人から「お金を貸して欲しい」と相談された時と同じですから御理解頂けると思います。

(クリアーするには、金融機関ではない親戚など身内から一時的に借金し返済するしか方法はありません。これは、物件に対しての審査です。しかし、ご主人様が勤務する会社が融資機関の調査会社からの審査情報で経営状況が良くない会社(倒産の危険性がある等)の場合、また、一定の固定給が少なく営業職などでノルマ給のため不安定な給与体系にあり、ご主人様の年収が過去3年程度上下が大きい場合も不安要素があります。ご主人様の年収から計算すると約4倍の約2千万円のローンが借り入れ可能と推測されます。年収で、一つ目のチェックが入ります。注意してください。

キャッシング相談・質問サイト TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。