ローンを夫婦ふたりがそれぞれつける



そのひとがローンをつけるときに、「他に借金がないか」は調べられますが、所有権を自分名義にすることに「借金」は関係ありません。

共有名義が節税になると言うのは相続や贈与などを念頭においてでしょうが、どちらも夫婦間では基礎控除や相続時精算課税などがあり、数千万以上の財産を買う家以外に持っている人でないとあまり意味がありません。

つまり、ローンは御主人だけの名義でつけて、所有権の持分もそれに見合うものにして、ローン以外の自己資金分をあなたの名義の所有権とすればいいのです。

不動産の所有を夫婦共有名義にすることと、ローンを夫婦ふたりがそれぞれつけると言うことは別問題です。

キャッシング相談・質問サイト TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。