信用状況は延滞解消



そして、CICの場合ならば「契約終了」から5年間となりますので、もし、確認の結果「解約」がされていなければ、「解約してから5年」となります。銀行自体がCICに加盟していることは少ないのですが、この保証会社がCICの加盟会員になっていることが多いのです。現在の住宅ローンで、保証について「保証会社の保証を利用せず、連帯保証人を立てるだけでOK」としている銀行等は少ないです。ですから「契約期間中および契約終了日から5年間」の「契約終了日」が「完済日」と同一となるとは限らないので、KSCのように「契約終了日(完済日)」となっていないのです。

私は一時期保証機関に出向して保証審査を担当していたこともあり、この時にCICの「個人情報取扱主任者」の認定を受けたんです。保証会社保証を利用し、かつ、連帯保証人が徴求される…というパターンは少なくありませんが。延滞を解消しても契約は残る…と考えられる商品の性質の契約が多いです。KSCが銀行等金融機関が加盟会員の中心であり、CICはクレジット・信販系の企業が加盟会員の中心です。

私の勤務先はKSCの加盟会員ですが、保証機関はCICの加盟会員です。ご主人の場合、個人信用情報に「瑕疵」があれば、この保証会社保証が受けられない可能性が高い…ということになり、銀行に相談する場合にも「保証会社保証を利用せず、全くのプロパーで貸して欲しい」と相談することになります。ですから、まず「当行指定の保証会社の保証を受けられること」が、住宅ローンを借りられる上での「前提条件」になっています。そうなりますと、ネックは「保証会社」ですね。

ご相談予定の銀行が「保証会社保証を利用できること」が前提条件になっていれば、そのままでは貸出稟議は通りません。そのために、お父さま、叔父さまの「お力」を借りる訳ですが、現在では結構これが難しくなっていますので、どうなるかは本当に分かりません。保証会社の保証が受けられなければ、いくら連帯保証人を立てていただいても住宅ローンは融資しません…ということです。CICの加盟会員となっている企業体では、「クレジットカード」の契約や、専用のカードが発行され、利用限度額の範囲内であれば何度でも借りることができるという「極度貸付」といった契約が基本となります。

キャッシング相談・質問サイト TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。