10万円ほど消費者金融に借りる



どうしても借りるのであれば、銀行などの低金利の所で借り入れを申し込み、ダメならクレジットカードのキャッシングを使い、それでもダメなときにはシンキなどの一定期間無金利の金融会社を選ぶと金利負担が少なくて済みます。勤務先はともかく、親に内緒でお金を借りることはお勧めできません。

しかし、システムに詳しい人なら充分気付くことはできますので、確実にばれない保証はできません。

1ヶ月後に確実に返済できる自信があっても、消費者金融からの借金はやめておきましょう、その一歩から多重債務者は生まれるので、本当に必要なお金なのかをもう一度考えてみて下さい。

消費者金融は基本的に親や会社に内緒で借り入れをすることができます。

キャッシング相談・質問サイト TOP


キャッシングって言うんでしょうか



もし、まだクレジットカード等を発行されていなければ、それはそれで問題です。「キャッシング金利比較」も、こちらで見れますよ。今お持ちのクレジットカードが、そういった機械コーナーで利用できるかどうか?各社相談窓口(フリーダイヤル等)にお尋ねになるか、機械コーナーの表示(よく扉等に、各社のマークが書いてあります)を、お調べいただくと良いでしょう。

いくらreittiさんが「きちんとした会社員」と言われても、入社後まもなかったり、住居が賃貸で転居ばかりだったり、今後、継続安定収入が見込めなかったりすると、あまり歓迎できない場合もあります。但しもちろん、予めカード等を発行されてなければダメですし、あくまでもかかるキャッシングの金利は、同じ機械利用でも、カード会社によって異なります。それと、reittiさんがおっしゃっているのは、丸井や伊勢丹のクレジットカードをこれから発行されるのではなく、そういった所にある、キャッシングの機械を利用されたい、という意味ですよね?これも、問題なくOKです。

次の給与日がスグであれば、中には、最短3時間で振込され10日間無利息のオンラインキャッシング…なんて商品もあるようです。先ず結論から申しますと、既にいずれかのクレジットカード等(例えばVISAとか)をお持ちであり、キャッシング限度額の範囲内で、延滞をしなければ、問題なく利用できます。銀行や金融会社にとってむしろ、たくさん借り返済期日までにキチンと返す顧客は「オイシイ客」なのです。

一般的に、高額ではない金額を短期間だけ気軽に借りることに、キャッシングは適していると言われてます。それから、キャッシングが初めてでご不安ならば、「オンラインキャッシングサイト情報(参考URL)」を、是非ご覧になってみてください。あくまでも、信用保証会社の承認を得られるようでなければいけなく、正社員=OKという考えは、絶対ではないのです。

キャッシング相談・質問サイト TOP


クレジットカードで買い物をした場合



この場合、どうして手数料がとられないのかというと、クレジットカードで買い物した場合は通常、売上の5%(カード会社によって異なる)を加盟店手数料として差し引いた金額をカード会社は加盟店に支払う仕組みになっているからです。なので、カード会員からは手数料をもらわなくても成り立っているのだと思います。

つまり、カード会社はその売り上げたお店(加盟店)から手数料をもらうことができるのです。手数料がとられないのは、通常一括払い・2回払い・ボーナス一括払いなどです。

クレジットカードで買い物をした場合でも分割払い(通常3回以上)やリボ払い・ボーナス2回払いなどは手数料がとられますよ。(銀行などからもらえるわけではない)これではカード会社は運営が成り立ちませんから、キャッシングを利用したカード会員から手数料をもらうことになっているのです。

(分割3回以上やリボ・ボーナス2回払いなどは、支払期間が長くなるため、この場合はカード会員からも手数料をとる)逆に、キャッシングの利用は、それによってカード会社はどこからも手数料をとることができません。

キャッシング相談・質問サイト TOP


ディーラー系のローン



もちろん、年収の高さや社会的地位によってCS枠が広くなったのもありますが、債務残高としては多いと見なされると思います。一番いいのが、金利のかからない親に借りられてサラ金系やC社を返され、オートローンを組まれたほうがいいと思います。サラ金情報は、各カード会社はあまりいい評価をしないので、早く完済され契約解除される事もお勧めします。

オートローンですよね。オートローンは新車では0.1〜5%位ですから、現状金利よりも支払総額から言えば、全然いいと思います。また、直近の(半年程度)借入れや申込履歴は審査に影響しますが、借入れのあった事実(完済の場合)は審査には影響しませんよ。

各残高を見ると、減ったとはいえ枠いっぱい借りられているようにも見受けられます。今よりも、債務残高や借入れ件数を減らした上で、ディーラー系ローンを組まれることをお勧めします。ディーラー系のローンも、信販会社も同じ信用情報機関を使っています。

ただ、この信用情報機関は、3社交流しており、CIC(信販・カード会社)、CCB(銀行系カード会社)、KSC(銀行ローン)、全情連(サラ金情報)などの債務残高や支払情報が分かる仕組みになっています。それも、新車と中古車では審査も少し違いがあります。

キャッシング相談・質問サイト TOP


グレーゾーン金利の見直し



カード会社でも詳細な基準は教えてもらえないと思いますが、利用状況など考慮のうえ、少しづつ利用限度枠は上がっています。金利に関しては経験上は下がったことはありませんが、期間限定のキャンペーンなどで利率が下がったり、無利息になることはありました。

3〜4年クレジットカードを使っています。グレーゾーン内の金利のカードを持っていれば、多少負担は減ることになります。

限度額は上がっても利率はキャンペーンなど特別な事例以外は下がることはないようです。ちなみに、利息制限法の上限と出資法の上限の間のグレーゾーン金利の見直しが言われていますが、実現すれば、利息制限法の上限に収まるので、20%以内に収まることになります。

カードローンやキャッシングを何度か使ったことはありますが、延滞などはありません。

キャッシング相談・質問サイト TOP


一週間無利息の「ノーロン」



大手消費者金融(TVコマーシャルなどで名前を知っているところ)から借りる。銀行系消費者金融(モビット、@ローンなど)から借りる。クレジットカード会社から借りる。

の順番です。初回に限り、というような条件が付いていませんか?そのような条件なしの場合は、「金利はゼロだが手数料がかかる」という場合があると思いますので、ご注意ください。基本的に、銀行などから借り入れる。

名前を聞いたこともないような会社から借りる(そこからしか借りられない)というのは、非常に危険な状態だと認識してください。一週間無利息の「ノーロン」は、本当に無利息です。

「60日間無利息」の言葉につられて借りるのは、よしたほうがいいと思いますよ。どこの会社か存じませんが、「60日間無利息」とうたっているのであれば、金利はゼロだと思います。

キャッシング相談・質問サイト TOP

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。